東京マイペース・ツアー(7)

わざわざ【ゆいの森 あらかわ】図書館を訪れた目的は
館内に併設された【吉村昭記念文学館】を尋ねることでした。
画像

画像

吉村昭は私が最も好きで尊敬している作家の一人であります。
地元荒川区の日暮里生まれでズッと荒川区で生きて来たこの作家の作品や生涯を顕彰するために
荒川区が力を入れて作ったのがこの文学館である。
館内には吉村氏の書斎、資料集の書棚が移築再現されており、自筆原稿なども展示されている。
また、すでに刊行されている吉村昭氏の全ての作品(小説など)が大きな書棚を埋めている。
ほとんどの小説は読んでいるつもりだったが、あらためて、丁寧に書棚を見てみると、読んでいない作品も
見つかったのでメモしておいた。
画像

画像

画像

わざわざ尋ねて良かった! 
帰ったら、時間を作って読んでみよう、と思う小説も数冊あったな。と考えつつ館を後にした。

荒川2丁目まで来ているので、都電荒川線全線走破しようと終点の三ノ輪橋へ向かった。
画像

この日は穏やかで温かい日和だったため、尚更、下町もノンビリしているような印象だった。
近くの商店街【ジョイフル・三ノ輪】のアーケードを歩く。物価が安いのにビックリする。
思わず、とても繁盛している大きな焼き鶏肉専門店で数本買い求める。要麦酒。
南千住1丁目の住所案内板を見つけた。もうここへ来ることはないでしょうね。
画像

画像

再び、三ノ輪橋駅に戻って都電に乗る。
画像

画像

大塚駅前で一旦下車して、ホテルに荷物を置いて来る。再度、乗り継いで終点・早稲田へ至る。

画像

荒川線、一方の始発・終点」の早稲田駅、
画像

都電荒川線の名所図会、なかなか見どころも多くて楽しめます。
写真の撮り鉄(若い女性の)もよく見かけた。
画像

この後は2年ぶりに参加した同窓会を楽しんで、ホテル2泊目。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック