テーマ:短歌

短歌を詠む

『厳冬に 天都山から 見晴らせる 流氷の原 知床連山』 網走の天都山には数十回登っている、と言っても標高207mだから 大したことはないが、頂上からの眺望は素晴らしい。 真冬にはオホーツク海を覆う流氷原、遥か向こうに 斜里岳から知床連山。目を転じれば雄阿寒岳まで一望。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『一息に 開聞岳の 頂上へ 薩摩半島 地図のとおりだ』 若かったから標高924mの開聞岳の頂上へも一気に登れた。 その頂上から見下ろすと、 当たり前だが、薩摩半島が地図通りに見えた。 吹上浜、池田湖、錦江湾、桜島まで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『球界は ついに至宝を失いぬ すり鉢型の 大阪球場』野村克也氏が84歳で亡くなった。子供の頃、南海ファンだった父親が難波の大阪球場へ連れて行ってくれた。スタンドの傾斜が急で向かい側スタンドからの野次がよく聞こえた。野村氏:『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』 けだし名言である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『飛び魚の 翼が光る 波の上 玄界灘を 対馬へ向かう』8月初旬、暑い日だった。釜山の街が見えないかと期待して、国境の島・対馬へ向かう船上から群れをなして波の上を飛ぶトビウオの翼が眩しかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『トンネルを 抜けて目に入る 青野山 津和野の町を 見守るように』萩市を訪れた後、石見益田から山口線に乗り換えて津和野へ向かった。手前のトンネルを抜けると左手に寿老人のような形をした青野山が目に飛び込んで来た。やさしく町を見下ろしているように感じた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『ニュースにて 名優死すと 訃報聞く カークダグラス 100年生きぬ』ラジオを聞いていたら、往年の大スター、カーク・ダグラスが106歳で亡くなった、と報じていた。西部劇やスパルタカスで見た記憶がよみがえる。ここ1年で私達が生きてきた時代を彩った有名な俳優、歌手、文化人などが沢山亡くなっていったのはいかにも寂しい。令和の墓碑銘1:令和元年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『牛肉に 玉ねぎ人参 じゃがいもを 加えて煮込む 基本のカレー』カレー作りには様々なスパイスを調味したり、豚肉、鶏肉などに変えたりして、こだわりの自分流カレーを作る人も多いが、私は上記の基本的に市販のカレールウを使う。面倒くさいこともあるけれど、この日本のカレールウは実によくできていると評価している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『北信濃 柏原から 野尻湖へ爽やかな風 一茶を想う』55年前初めて信越線・柏原駅で降りた。(随分前に駅名は黒姫駅に変わっている。)石炭殻を敷き詰めたホーム、木製の改札口、硬券の切符だった。爽やかな高原の風が吹く野尻湖への道、小林一茶の故郷。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『暑かったなあ 上田駅前 みすず飴 美ヶ原菅平行き』学生時代の夏、何度も信越線上田駅から美ヶ原や菅平へ行った。駅前に地元の名物・みすず飴本店があった。暑かった夏の思い出。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『いま武漢 武昌・漢口 合併し 長江挟んで 1100万人』新型コロナウイルスの発生地として世界中から袋叩きにあっている武漢市は嘗て長江を挟んで向かい同士の街だった。しかしながら、人口が桁違いに多いので大変だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『三日月の 下に金星 輝くも イスラムの国 上下が違う』昨日からの嵐のせいか、今夜は三日月と金星がハッキリ輝いていた。どこかで見た?と思ったのだが、イスラム諸国の国旗は星が上で、それを三日月が抱くように描かれていることを思い出した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『桜舞う 荒川線の 三ノ輪行き 吉村昭 尋ねて行きぬ』四月初旬 都電荒川線に乗って、荒川区図書館内にできた【吉村昭記念館】(イチバン好きな作家)を訪れた。飛鳥山、町屋、三ノ輪など知らなかった東京を巡った小旅行だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『春弥生 西海雲仙 別れ行く 肥前山口 佐世保長崎』長崎本線の肥前山口駅で、急行の【雲仙・西海】(これは1列車で2つの名前が付いていた)が佐世保行きと長崎行きに分かれる。毎年3月には佐世保でアルバイトしていたので、この列車にも何度か乗った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『大阪から 日本海沿い 青森へ【きたぐに】という 名の列車あり』急行【きたぐに】、これも何度か乗ったが、長かった!途中、山形県の鶴岡で豪雨に遭遇して立ち止まったことを思い出した。藤沢周平の故郷だが、当時はまだ世に出ていなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『東京発 鈍行列車 姫路行き 貧乏学生 帰省を果たす』学生時分、東京23:30発・姫路行きの鈍行列車があった。なんとか乗車券だけ購入して、空腹にも耐えて大阪へ戻ったことがあった。所要11時間ほどだったと記憶しているが。出発直後は酔っ払いも沢山乗っていたが、深夜には静かになり、翌早朝から東海地域の出勤・登校利用者が増えてきた。その後はガラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『はまなすに まりもすずらん ライラック 道内走る 花の急行』50年余前には北海道内を走る急行列車には花の名前をよく付けていた。コンピューター導入以前だったから○○何号とかいう味気なさが無かったように思われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『上野発 急行十和田 八甲田 翌朝青函 連絡船に乗る』学生時代は旅行ばかりしていたのでこの夜行列車にはよく乗りました。カネはなくても時間と体力だけは十分あった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『思い出す 連絡船への 乗り換えで よく走ったな 宇野と高松』山陽新幹線が岡山まで開通するまで四国への往来には在来線の急行と宇高連絡船を利用していた。座席確保のため、大きな荷物を持った乗客も皆よく走っていたナア。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『火曜日の シルバーデイは 配達と 買い物カート ズラリと並ぶ』近所のスーパーマーケットは毎週火曜日がシルバーデイで、全品一割引なので、高齢者がこんなにいたのかと驚くほどの混雑となる。買い物を終えて配達を依頼するのにも行列、買い物カートを引いて帰る人も多数いるのでカートもズラリと並んでいる風景。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『香港の 民主と自由 気がかりに 老朋友と その家族いて』香港情勢には人一倍関心を持ってみている。同じ年齢の老朋友とその家族が暮らしており、彼の幼少時の苦労を知っているだけに、ようやく築き上げた幸せが続くように願っている。明日から春節、良い一年になって欲しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『乗り方は なぜ違うのか エスカレーター 東京左に 大阪右に』たまに上京してエスカレーターを利用すると、自然に左側に乗った人たちが立ち止まっている。「ああ、東京に来たんだ」と一瞬感じる。大阪はその逆だから、何故?そんな習慣になったのだろう、と思う。名古屋はどうなんでしょう?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『我が母は ぬか漬け名人 懐かしく 胡瓜に茄子 白菜もまた』私の母親は田舎育ちで教育もなかったが、向上心の強い女だった。田舎料理しかできなかったが、漬物だけは未だにあの美味しい味に出会ったことはない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『乗り方は なぜ違うのか エスカレーター 東京左に 大阪右に』たまに上京してエスカレーターを利用すると、自然に左側に乗った人たちが立ち止まっている。「ああ、東京に来たんだ」と一瞬感じる。大阪はその逆だから、何故?そんな習慣になったのだろう、と思う。名古屋はどうなんでしょう?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『優しい目 市井の人に 向けて書く 藤沢周平 山本周五郎』ほぼ全部読んだ。読後、自分もほのぼのと優しい気持ちになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『今日もまた 街なかを行く 山行きの ミレーのザック ゴローの山靴』随分前に軽登山でもしようと買ったミレーのザックとゴローの山靴を普段の買い物や出かけるときにだけ使っている。阪神大震災以後、年配者がこのスタイルで歩いているのをよく見かけるようにもなった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『ふるさとは 遠きにありてと いう歌も 今は心の 距離だけとなり』室生犀星がこの歌を詠んだ時代とは大きく異なり、飛行機・新幹線もあるし、ネット上でいつでも往来ができる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『ブログでの やり取り続け 十五年 互いの人柄 おおよそ知れリ』もうずいぶん長くブログを通してやり取りをしている方がいる。実際に会ったことはないけれど、互いに人柄・風貌がだいたい判る。初めて会ってもすぐに判るだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『急ぐのか? 誰か押してる 閉ボタン 外国人は 不思議に思う』エレベーターに乗ると、閉ボタンを押すのがマナーでもあるように日本人は押すが、外国人から見ると非常に不思議に感じるそうだ。急いでいるとはみえないのに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『クレアチニン 少し悪化と 医師の言う 減塩するべし 判っちゃいるが』【腎臓機能に影響するクレアチニンの検査結果の数値が少しずつ悪化しているので、 減塩に努めて下さいね。】と医師から言われたが、生来の辛い物好きなのでどこまでできるかな。腎臓は代替品がないので、悪化したら透析しかないので減塩するしかない。やるぞ!減塩!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌を詠む

『子供らの 楽しげな声 懐かしく たんす長持ち どの子が欲しい』通りかかった広っぱで、女の子達が数人、楽しげに遊んでいた。今でも「たんす長持ち~~」とやっているんだ! と懐かしく思った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more