テーマ:海外旅行記

ベトナムの旅 【食べ物について】

ベトナムの旅については、とりあえず、これで最終回としよう。 最後はやはり、食べ物について書かねばならぬ。 ベトナムの食べ物で一番有名なのは【フォー】でしょうね。 文句なしにウマイ! そして、我々毎日食べても飽きませんし、ラーメンのように胃がもたれません。  (ベトナム・うどん)とか書いてあるガイドブックもあるが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベトナムの旅 【ハノイとサイゴン】

漢字で書くと、【 河内 と 西貢 】 ベトナム語では難しくて書けない。 人口はサイゴンがはるかに多く600万、商売の街。ハノイは200万、政治の街と呼ばれています。 サイゴンは申すまでもなく、現在、公式にはホーチミンシティと言われていますが、 多くのベトナム人もサイゴンと呼んでいるし、長距離バスなどもフロントガラスにサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 【ノンと天秤棒】

ベトナムの風景で多くの人が思い浮かべるシーンに 【ノン】(菅笠)を被り、天秤棒で荷物を担いで歩く女性の姿があると思います。 実際に、街中でも本当によく見かけます。 特に、市場の周辺ではほとんどこの格好です。 上下揃いの上着とパンツ姿のオバチャンが重い天秤棒を担いでリズミカルに歩いています。 両端には竹で編んだ大き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムの旅 【古都・フエ】について

ベトナム中部の古都フエは1945年までグエン王朝の首都であった。 王宮跡もベトナム戦争でかなりの損壊がありましたが、最大の観光ポイントなので、 修復もかなり進んでおり、きれいに整備されています。 フーン河をはさんで王宮側の旧市街と反対側の新市街に別れています。 旧市街には王宮以外に規模の大きなドンバ市場や昔な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 【アオザイ】 について

ベトナムと云えば、女性の民族衣装 【アオザイ】 を思い浮かべる人も多いことでしょう。 私もいろんなシーンでアオザイ姿の女性たちを見ました。 そもそも、 【アオ・ザイ】 というのは、長い衣服 という意味だそうです。 先ず最初に出会うのは、ベトナム航空のスチュワーデス。 無地のえんじ色の上着にベージュ色のパンタロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムの旅 【忘れぬうちに】

ベトナムを旅して来たことを忘れぬうちに書いておこうと、日付順に書いて来たのですが、 ようやくひと通り書き終わった。 これで南部、北部、中部と三度ベトナムを訪れたので、少しはこの国の風土を理解できたかな。 という感じですが、住んでみないと判らないことのほうが多いので、また行くことになりましょう。 友人には 『よく何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムの旅 (10)

朝8時、ホテルへロアンが迎えに来た。 ハノイ・ノイバイ空港へ向かう。 11:10発 香港行きです。 空港内は以前と比べて、店舗も増えて賑やかになっています。 ここで久し振りに、東京から来ていた若い日本人ご夫婦に出会い出国まで話をする。 香港には1時間余で到着。また、乗り継ぎまでの1時間半ほどをブラブラと過ごす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (9-2)

4月10日 ハノイ最後の夜 グエン&ブー夫妻の招待で、お宅を訪問することになった。 お家はタクシーで30分ほど走った郊外、(といっても周辺はかなり住宅が建て込んでいる)  にあって 最近完成した新築三階建である。 建築費用は日本円で600万円余 (18坪の土地代込み、これはベトナムでは巨額である。) グエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (9-1)

ハノイ滞在最終日を迎えた。 明日は帰国移動だけで一日を費やすので、自由になるのは今日一日だけ。 本日は10日・日曜日なので、昨日までのガイドのブーの夫であるグエンが休日なので、 私達に付き合ってくれ、ガイドと通訳をしてくれるのです。 それと伴に、私達が 『どうしようか?』 と決めかねていたことがあったのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (8-3)

ダナン・ホイアン・フエへの2泊3日の旅からハノイへ戻って来た。 本当に【戻って来た】というのが実感であります。勿論、十分には知らないハノイの街ですが、 2度来ていて、3度目として戻って来ると、他の都市よりは判っているので、ホッとしますね。 ガイドのブーは赤ん坊の具合が悪いらしく、早く自宅へ帰りたがっているので、ホテルで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (8-2)

今日はフエの観光に行く。 8時30分、ガイドのブーが迎えに来て観光に出発。 先ず、グエン王朝の皇帝のお墓巡りに行くのだが、ガイドブックでは【帝廟巡り】と書かれている。 フエの周辺の山に数箇所、歴代皇帝の廟が築かれているのが現存していています。 全てをまわる時間はないので、世界遺産に指定されている、3ヶ所のうち、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (8-1)

旅に出ると早起きになる私は6時過ぎには起きて街に出かける。 昨夜は暗くて様子が判らなかったのだが、フン河沿いが広い公園でフエの人々の憩いの場所と なっている。早朝から散歩・セパ・タクロー・バドミントンをしている人達を見かけます。 小学生(2~3年生かな?)3人組がいたので、【シン・チャオ!】 と声をかけると、 ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (7)

ホイアン そして ハイバン峠を越えて 古都フエへ 前夜は疲れていたので、よく眠れたが、歳のせいなのか朝の目覚めが早い。 6時にはベッドから抜け出してリゾートの中を徘徊ではなく、散歩する。 意外と広く、見知らぬ樹木が多いし、薄紫の蓮の花が開いている。 蓮の花はベトナムの国花であり、6月、7月になるといっぱい咲くそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (6)

ハノイから中部の都市ダナンを経由してホイアンへ行く。 ベトナムは南北に長い国で約4000キロあり、日本の総面積から四国を除いた国土の広さです。 鉄道やバスもあるが、日数の限られた私達の旅では空路で、ハノイからダナンまで飛ぶことになる。 朝ホテルへ迎えに来たブーと伴に、昨日の夕方に降り立ったノイバイ空港へ向かう。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ベトナムの旅 (5)

レストラン 【インドシナ】 グエン&ブー夫妻の予約してくれた、レストラン 【インドシナ】へタクシーで行く。 グエンは26歳、2年前にブーと結婚し、赤ん坊がいます。  ブーは24歳で可愛いく、とてもママには見えない。 二人とも日本語会話が達者なので、私達はコトバの苦労がなく助かる。 【インドシナ】は 3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの旅 (4)

ホテル 【ヒルトン・ハノイ・オペラ】 このホテルはヒルトンでも安物ヒルトンではなく設備もサービスもグッド! ハノイ市内での立地も、周辺環境も良く、朝食も大食漢の私を満足させてくれる。 隣りにある大劇場の建築様式に合わせて、ルネッサンス様式で壁の色も黄色がかったクリーム色、 それが樹木の緑多いこの街にはよく似合いま…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ベトナムの旅 (3)

ベトナムは中国が漢の時代から侵略されており、中国の影響が色濃く残っている。 あちこちで漢字表記が見られるのも、その一つ。 そもそも、ベトナムという国名も漢字では 『越南』 と書くし、 首都のハノイも漢字では 『河内』 と書いてハノイと読むのである。 姓名についても然り。 最も多い姓の 『グエン』 は 【阮】 と書…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ベトナムの旅 (2)

ノイバイ空港からハノイ市内へ ハノイ・ノイバイ国際空港に到着。 3年前に来たときに比べると人もクルマもかなり増加しているようです。 当然、国際便がかなり増えています。 後で聞くと、パリ、フランクフルト、モスクワ、更にはサンフランシスコからも 直行便が飛んでいるとのこと。 空港からハノイ市内へはクルマで約50分。 ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナムの旅 (1) 

4月6日 日本--香港経由--ハノイ (泊)       10:05発      17:00着 4月7日 ハノイ--(ベトナム航空で)--ダナン--(クルマで)--ホイアン (泊)       11:40発           13:00          14:30着 4月8日 ホイアン--ハイバン峠--フエ (泊) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムから帰って来ました。

昨夜遅く、ベトナムのハノイから帰って来ました。 何度訪れても、疲れるけれど興味深い国と人々でした。 まだまだ 《興奮覚めやらず》 なので、明日にでも戻りたい気分です。 詳しい旅行記はこれからボチボチと書いていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【たかのてるこ】 の 海外旅行記 

『ガンジス河でバタフライ』  (香港、インド) 『モロッコで断食』 上・下  (モロッコ) 『モンキームーンの輝く夜に』  (ラオス) 『ダライラマに恋して』  (チベット、インド) 出版社が付けた本のタイトルは気に入らないが、どれもこれも読んでいて面白い。 彼女の行動力 と 気さくに現地の人達に溶け込み友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more