テーマ:

月桃

『月桃』『げっとう』今朝、初めて聞いた歌、良い歌だな。今日は6月23日 沖縄・慰霊の日 歌:『月桃』の歌詞http://j-lyric.net/artist/a0004f7/l025ce3.html 歌:『月桃』のメロディと歌声https://www.youtube.com/watch?v=4EPGYSc0dkw
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分だけのCD

自分が好きな歌ばっかりを集めてCDを作った。 懐メロあり、演歌あり、ポップスあり我がままCD。 アイポッドがあればカンタンなんだろうが、持っていない辛さゆえ、 タダで作るには智恵と労力は必須でした。 趣味やセンスはどうでしょうか? まあ内容を見て下さい。 1,どうぞこのまま / 丸山圭子 2,ふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【何日君再来】 鄧麗君 対 徐小鳳 

【何日君再来】 《ホーリンチンツァイライ》 懐メロ好きの私にとっては、何度聞いても、”切なくやるせない女心”を この歌ほどうったえかけてくるのは そうはありません。 ましてや、鄧麗君と徐小鳳 という中華圏を代表するスーパースターが同じ歌を歌って対決するなどという ことがあったのですネエ。 これが
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鄧麗君(テレサ・テン)の歌をYou Tube で

ユーチューブで鄧麗君(テレサ・テン)の歌を見聞きしてみました。 これがまた沢山ありましたが、次の2曲を 歌詞が画面に出るので漢字を読むとなんとなく意味が判ります。 【千言萬語】 中国人の心の歌 【梅花】  
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

【人生の扉】 竹内まりや 唄

先日、運転中にラジオから流れて来た歌が耳にとまった。 耳に馴染みやすく、歌いやすいメロディだ。 【竹内まりや】が歌う、【人生の扉】 という曲だった。 歌詞の内容は歌手自身が50歳代になって、これまでの各年代をふり返り、また、行く末はこういう風にありたい、 という内容だった。 私にすれば、こんな幼稚な歌詞を、(と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【一青 窈】 何と読むの?

【一青 窈】 って、何と読むのかしら? 歌手らしいのだが、と疑問になっていた。 若い人、数人に聞いてみたら誰でも知っていて、【ひとと よう】と云う名前ですよ、とのこと。 オジサンは知識人だと自惚れていたが、こういった分野はからっきし着いてイケマヘン。 台湾人の父親と日本人の母、慶応大学環境情報学部卒、日本語は勿論、北京…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

【青葉城恋歌】が広東語で

【青葉城恋歌】が広東語で流れていた。 RTHK ON INTERNETを聞きながらブログ巡りをしていたら、どこか聞き覚えのある歌 だなあと思ったが、すぐには思い出せなかった。 男女のデュエットだったが、歌詞が2番になってようやく 【アアそうだ、青葉城恋歌ではないか】と判った次第。 モチロン、歌詞の内容はワカリマヘン。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ジョン・デンバー を聴く

ジョン・デンバーの CD 【カントリー・ロード コレクション】 4枚組みを聴いた。 伸びやかな歌声、口ずさみやすいメロディ、彼の自然や人を愛する人柄が感じられた。 同じカントリーロードという言葉でも、日本とアメリカじゃあ、思い浮かべる風景がマッタク 異なりますなあ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【別れの一本杉】   ちあき なおみ 唄

【別れの一本杉】について続編 ちあきなおみが歌わなくなって久しいがどうしているのでしょうか? 私が一番好きな歌手です。  ジャズでも演歌でも何でもこなすバツグンの歌唱力。 色っぽい女の歌も良いし、しみじみと唄う懐メロ演歌も結構。 そうかと思えば、【タンスにゴン】のCMでのひょうきんさもあり、惜しい歌手である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【別れの一本杉】  坂田 明  唄

ジャズのサックス奏者である坂田明も私と同じ昭和20年生まれだとは知らなかった。 彼は広島県の呉市出身だそうだ。子供の頃の話を聞いていると、 【やっぱり、似たようなもんだなあ】 と 得心してしまう。 ニューヨークの舞台で 日本の歌を3曲歌わねばならなかったとき、咄嗟に思いついて 唄ったのが (サックスの演奏も勿論あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【空のことば】  福島邦子 曲・唄

【空のことば】 NHKテレビ 【列島縦断 鉄道乗りつくしの旅】 の テーマソング。 これまで聞いたこともないシンガーソングライターですが、シンプルなメロディで 口ずさみやすい。 もう一曲 挿入歌の 【ひとやすみの丘】 もリズミカルで良し。 【列島縦断 鉄道乗りつくしの旅】 のHPに紹介されているので、すぐに聞…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【カスマプゲ】   李 成愛 唄

日本でも大ヒットした韓国演歌。  多くの歌手が唄っていましたが、私は李成愛の歌が一番好きで、ド演歌の真髄を聴いたようでした。 また、この【カスマプゲ】は前回書いた【昭和枯れすすき】と非常によく似た情感ですね。 やはり、アジアの東はずれの両国人には共有できる情感があるのでしょうね。 当時、【釜山港へ帰れ】を初めとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【昭和枯れすすき】    さくらと一郎 唄

昭和のド演歌でも決定版ともいえる一曲である。 演歌 ここに極まれり。 私は好きな一曲です。  スターになるのを 夢見て、夢見て 売れなかった歌手二人の怨念がこもっているように聞こえる。 多くの人に、上記のように受け取られたのがヒットした所以でしょうか。 ”貧しさに負けた いーえ 世間に負けた~~” 歌詞も今…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【京都の恋】  渚ゆうこ 唄   ベンチャーズ 作曲

先日、学生時代に聞いた【走れ歌謡曲】というCDを聞いた。 昭和43年にスタートした、深夜放送で、落合恵子さんもアナウンサーとして担当していた。 【京都の恋】 はそのCDのうちの一曲。 あの頃までは日本各地をテーマにしたご当地ソングと呼ばれた歌謡曲が沢山あった。 大ヒットした曲も数多い。 長崎、神戸、函館、横…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

なごり雪

【なごり雪】 という歌がありましたね。 東京で見る雪も、これが最後ね、、、、 私もこの歌には思い出があります。 大学を卒業した3月末、夜行の急行で上野駅から札幌へ旅立ったのですが、その日は大雪でした。 マッタク色気はなく、野郎どもばかりが、数名見送りに来てくれました。 今、思い出しても、青春の1ページだったなあ、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more