小沢一郎と中村喜四郎

昨夜、BS-TBS ニュース1930に マスコミ嫌いの中村喜四郎が出演して なかなか面白いことを語っていた。 小沢一郎 1942年生 1969年初当選 当選回数17回 中村喜四郎 1949年生 1976年初当選 当選回数14回 共に選挙では一度も落選したことがなく生き残っている。 かつては田中派、竹下派に所属していたが 巡…
コメント:0

続きを読むread more

建設機械の無人化

興味深い記事があった。 ダム建設現場で建設機械の中でも特に取り扱いが難しい タワークレーンの自動化に取り組んでいる。 建設業界は殊に人材不足に悩まされているのと、 (特に29歳以下の若い人材は1割しかいない) コスト削減や厳しいコスト競争に打ち勝つためには 従来のように受注・談合をしたりしている場合ではないそうだ。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

82年生まれ キム・ジヨン

韓国で100万部売れたベストセラー小説。 一人の女性の前半生がルポルタージュのように描かれている。 主として韓国内に根付いている男女性差別に苦しむキム・ジヨン、 その母や祖母との世代による違いなどがリアルに書かれている。 現代韓国女性に圧倒的に支持された理由が良く判る。 日本社会とも共通する部分もあるので内容は理解しやすいが、…
コメント:0

続きを読むread more

沢村貞子の料理日記

先般、NHK・今日の料理を驚きつつ見た。 女優・沢村貞子さんは26年半、自分で料理をして それを毎日記録していた。それも朝昼晩と。 忙しい女優の仕事をしながら、夫婦のために 毎日毎日、自宅で料理していたそうです。 芹沢圭介の型染めカレンダーを表紙に使った 大学ノートにその日に作った料理が記されている。 その内容が実にバラエ…
コメント:0

続きを読むread more

ピーマンの肉詰め

初めてピーマンの肉詰めを作ってみました。 結果はグッド! 手順を守り、手間をかけて作った料理は美味しく仕上がる。 まあ、自分が食べるのだからコレで良い。 近頃は、 簡単、時短、手抜き、誰でも、失敗無しお手軽などと 言うキャッチフレーズが氾濫しているけれど、 料理というものは材料・調味料選びから、 時間と手間暇をかけな…
コメント:0

続きを読むread more

憑依

【憑依】(ひょうい) 最近、この言葉に続けて2度出くわしたのだが、 読み方知らず、勿論、意味も分からず。 調べてみたら、以下の如き説明。 1 頼りにすること。よりどころにすること。「われらの温かなる―の対象となる人格的の神」 2 霊などがのりうつること。「悪霊が憑依する」」 2の方がよく使われ、狐憑きなどとも使われる。
コメント:0

続きを読むread more

浜寺公園捕虜収容所

長年、大阪に住んでいながら全く知らなかった歴史の跡。 先日の新聞記事で初めて知りました。 それは堺市から高石市に続く浜寺公園に 日露戦争後、捕虜になったロシア兵の収容所があったこと。 捕虜総数7万2千人、そのうち約2万8千人が1年ほどここに収容された。 全国に29か所設置された収容所の中では最大規模だった。 規模は26万…
コメント:0

続きを読むread more

麻婆豆腐とガーリックライス

  昨日も暑い一日でしたが、頑張って? 3品作りました。 料理時間は1.5時間近くかかったが、作り終えてから シャワーで汗を流し、エアコンの効いた部屋でビールをグイッ! このひとときがタマラナイ。 辛めに味付けした料理は食欲を増進する。 麻婆豆腐は何度も作っているので、自分なりに納得の味。 ガーリックライスは市販の…
コメント:0

続きを読むread more

勇気ある訪問

チェコのナンバー2上院議長、プラハ市長、 以下総勢90名での台湾訪問。 その理由1、中国による人権抑圧に反対、自由と民主主義を守るために  台湾と友好を深めるのが目的である。  議会での演説で『我是台湾人』とハッキリ述べている。 2、これまでチェコも中国からの資本投資を期待して  協定も結んだのだが、中国側はほとんど守らず  実行…
コメント:0

続きを読むread more

ガス抜き

とかく評判の悪い自民党の総裁選挙。 派閥の論理(屁理屈)によって流れを決め、 勝ち組に乗りたい派閥は雪崩を打ってそれに合流した。 その裏側で共通しているのは1年以内には必ず総選挙、 その翌年には参議院選挙があるので、議員バッジを失いたくない 彼らの思惑である。 政治的な主義・主張などどうでも良いのだ。 正規の総裁選挙をやろ…
コメント:0

続きを読むread more

映画『キリングフィールド』

録画してあった映画『キリングフィールド』を見た。 カンボジア内戦とポルポトによる大量虐殺をテーマにした おぞましい内容の映画である。 米国人記者とカンボジア人記者との友情・絆を描いた ストーリーだが、ポルポト時代のカンボジアの様子を きめ細かく描写している。 恐ろしい時代が最近あったのだ。
コメント:0

続きを読むread more

納豆の唐揚げ問題

以前に、納豆の匂いを減少させることと食べやすくすることを狙って 納豆をミキサーにかけて粉砕し、コレを豆乳に混ぜ込んで 味噌汁にしてみたのだが、臭いは消えず味も決して美味いとは言えない 失敗作に終わってしまったことがあった。 そこで、再度調べたみた。 鶏肉の唐揚げをするときに 今度は納豆に唐揚げ粉をまぶし、大葉も刻んで混ぜ込ん…
コメント:0

続きを読むread more

【移民・難民】 

この10年間ほど数百万人の移民・難民が押し寄せて 苦慮しているヨーロッパの現状をドイツ在住の著者による 詳しいレポートである。 ごく僅かな人数しか受け入れない日本から見れば 200~300万人ともいわれる大量の難民を受け入れている 『ドイツは偉いなあ』と私などは単純に思っていたが、 ドイツでも反対する勢力は増加しているし、 …
コメント:0

続きを読むread more

【韓国を支配する空気の研究】 牧野愛博/文春新書

韓国に関する本は結構読んで来たけれど、 この本はなかなか興味深く読めました。 オススメの一冊です。 多くの本は日韓の歴史に基づいた日韓関係の諸問題を 政治面から大上段に取り上げるものが多かったが、 この本では韓国の人々の生活感覚を中心に書かれており、 具体的な話が中心となっている。 主な内容は以下の通り。 1、好きだけれ…
コメント:0

続きを読むread more

映画【戦場のピアニスト】

以前に録画しておいた 映画【戦場のピアニスト】を最後まで通して見た。 元々ノンフィクションの原作を脚色・映画化しているので、 フィクションとは事実の持つ重みが違う。 第2次世界大戦、ポーランド、ユダヤ人、ナチス、そこに、 ピアノという音楽が異次元の世界をもたらす。 ピアニストとドイツ軍将校との間に ピアノ演奏を通じての心の…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍でなぜ好調?

ワークマン、西松屋、ケーズデンキ、カインズ、コメリ、 コスモス薬品などの企業はコロナ禍の状況でも売上は好調なんだそうだ。 いくつかの理由が挙げられている。 *密にならないから安心して買い物ができる。 *人口が少なく、所得水準が低い地域でも商売をやっていける経営力がある。 プライベートブランドの比率が高く、安くても利益が確保できる…
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党

2019年末、党員数9200万人、ドイツの人口より多い。 14億人の人口比では6%。 党員になるには 先ず、党員である『紹介人』2名を見つけて入党申請をする。 これが許可されて審査が始まり、半年~1年後、『入党積極分子』が 選抜される。この段階で半分は脱落する。 残った者がその後1年間ほど、当規約などを学ぶ活動に参加していく…
コメント:0

続きを読むread more

内田篤人の引退

好きだったサイドバック・プレイヤーの内田篤人が32才の若さで引退した。右膝のケガからの復活が本人の思うようにはならなかったようだ。それまでのバックス・プレイヤーというのは長身でゴツいタイプがほとんどだったが、内田は線が細くて大丈夫かなと思っていたが、俊足とクレバーな判断力でポジションを確保し、Jリーグよりもはるかに厳しいブンデスリーガの…
コメント:0

続きを読むread more

物忘れ

高齢になると誰でも物忘れの頻度が増えると思うが、私もその例に漏れず、頻繁に物忘れを起こす。私の物忘れには二通りあって、一つ目は言葉を忘れる。つまり、人の名前などの固有名詞やものの名前を忘れることが最も多く、更に、表現方法(アレは何という言い方?)が続く。二つ目は、するべき行動・行為、ルーティンワークを忘れること。つまり、戸締り・鍵掛けか…
コメント:0

続きを読むread more

HDD・SSD

PCの処理スピードが画期的に速くなるそうなので、 古いデスクトップPCのHDDをSSDに換装したいと考えている。 (換装という言葉もつい最近知ったばかりですが。) 親切な友人に教えてもらったり、自分で調べて勉強してみて、 概ね、どうすれば、どうなる。ということは理解した。 しかし、ボケ始めた高齢者のオッサンにとって、 そ…
コメント:0

続きを読むread more

【D2C】って何?

【D to C 】というのは 【Direct to Consumer】のことを表すマーケティング用語です。 製造者が直接顧客と行なう取引形態で、 アマゾンや楽天のようなプラットフォームに対して 登録手数料など中間マージンや手数料などの諸経費を支払う必要がない。 https://ferret-plus.com/13505 …
コメント:0

続きを読むread more

白花油

昨今の猛暑でも、外出時にはマスクは必携になっているけれども、 実際、着けていると暑くてたまらない。 そこで、思い出したのがコレ! ずいぶん前に香港で購入していたのに、 引き出しに入れたまま忘れてしまっていた 『白花油』 マスクに2~3滴たらしておくだけで 清涼感が拡がり、暑苦しさがかなり和らぎ、 数時間持続するので、マス…
コメント:0

続きを読むread more

ラタトゥイユと胡瓜・豚肉のゴマだれ

写真左:茄子とズッキーニのラタトゥイユ カゴメの既製ソースを使ったのでいとも簡単に出来上がる。 茄子とズッキーニをよく炒めてソースをからめるだけ。 写真右:胡瓜と豚肉の甘酢ごまだれあえ。 こちらは手間がかっていますよ。 胡瓜をピーラーで、リボン状に剥いて、 湯通しして柔らかく味が馴染みやすくしておく。 タレが絡みや…
コメント:0

続きを読むread more

【ペスト】 カミュ

COVID-19の世界的感染拡大にともなって カミュの【ペスト】も多くに人に読まれている。 図書館の順番待ちでも30余名あり、先日ようやく順番が来て 借り出して読み始めた。 若い頃に読んでいたので、大筋は憶えていた。 老齢になって、こんな重い哲学的な小説を読み通すのは大変だ。 カミュやカフカはそれなりに難解だし性にも合わない…
コメント:0

続きを読むread more

メモリー増設

ノートPCの動きが悪くて、イライラしてストレスが貯まるので 友人のアドバイスを参考にして、メモリーを増設した。 アマゾンでうまく適当な増設用メモリーがあったので購入。 PCの裏側を開いてから、旧メモリを引き抜いて新メモリを差し込む。 たったこれだけなんですが、アナログ高齢者には恐る恐るの初体験であった。 結果、無事に増設完…
コメント:0

続きを読むread more

【荒城に白百合ありて】 須賀しのぶ / 角川書店

新聞での書評で知った一冊でしたが、こうして好評な書評が掲載されると 図書館での予約にもすぐに反映されて30人余りの順番待ちになり、 同じことを考えている人が沢山いるのをこんなところでも実感する。 久し振りの小説で、初めて読む作家でしたが、 なかなか文章上手である。 小説というのはどの作家も云うのだけど、 書き出しの一行、…
コメント:0

続きを読むread more

ハンバーグ

ハンバーグを作りましたよ。 馴れたら、それ程難しいものではないが、 肉や調味料・ソースに凝りだすとそれなりに 難しくなるのだろう。 自分で作って自分で食べるのだから 自分が美味しいと思えば適当で良い。
コメント:0

続きを読むread more

疾病の日本史 4

近現代になっても感染症の大流行は起こっている。 100年前のスペイン風邪は最近よく取り上げられているが、 いつの時代も集団生活を送る軍隊は感染症発生の温床である。 第1次世界大戦で多くの犠牲者を出したことで学んだ西欧諸国は 感染症予防対策を次々に講じていったが、 日本軍はほとんど学ばなかったようであった。 先の戦争では国…
コメント:0

続きを読むread more