ピクルス大量製造

夏野菜が安くなって来たので、 久し振りにピクルスを大きなボウルに一杯作った。 食べきれるかな? ミニ胡瓜10本、ミニトマト12個 パプリカ(赤・黄の大各1個)、ズッキーニ(大1本) 上記の写真、ボウルの直径36センチ、それなりの深さもあるので、 量は見た目以上に大量である。 パプリカを見る度に思うが、 関西のスーパー…
コメント:0

続きを読むread more

記事を書くということ

2004年9月にブログを始めてから もうすぐ16年になり、投稿回数は1219回。 16年前は60歳前だったので、当然今よりかなり元気だったな。 毎回、記事を書くたびに思うことは 1、一番先に考えるのは話題・テーマを決めることですね。  しかし、ただ思いついたことを書けばよいというものではないから  決定したテーマを公開しても差し…
コメント:0

続きを読むread more

月桃

『月桃』『げっとう』今朝、初めて聞いた歌、良い歌だな。今日は6月23日 沖縄・慰霊の日 歌:『月桃』の歌詞http://j-lyric.net/artist/a0004f7/l025ce3.html 歌:『月桃』のメロディと歌声https://www.youtube.com/watch?v=4EPGYSc0dkw
コメント:0

続きを読むread more

世界史 一条鞭法

アッチにもコッチにも趣味・関心が飛ぶのですが、歴史好きなこともあり、放送大学の世界史【東ユーラシアの歴史】シリーズを見ています。【明】時代の解説を見ていて、いろんなことを改めて知ったのは有益でした。先ず、14Ⅽに中国地域の一風土病であったものが、シルクロードを経由してヨーロッパに伝わってペストの大流行をもたらしたという説もあること。ペス…
コメント:0

続きを読むread more

冷やし中華

冷やし中華を作ってみましたが、 タレが難しかったですね。 中太麺を3袋使ったのですが、麺の量が多すぎて 冷やし中華4皿分にもなってしまいました。 その量に合わせて、タレを増量していったので タレの味が中途半端になってしまったのは残念。 あと2皿分残っているから、明日も食べなくっちゃ。
コメント:0

続きを読むread more

そば猪口絵柄辞典

もう55年ぐらい前のことだった。 青森県・弘前市の弘前公園で満開の桜を見た後、 夜行列車に乗るまで時間がたっぷりあった。 道を尋ねたいと思いつつ通りをぶらぶら歩いていたら、 一軒の古道具店が目についたので、『ごめん下さい』と中へ入った。 学者然とした初老のご主人が出て来られて、 『学生だね。旅行かい?』と訊ね…
コメント:0

続きを読むread more

ストレッチ体操の記録 5月

COVID-19 感染拡大に伴ない、外出機会が一段と減ったので、 自宅でできるストレッチ体操をすることにした。 生来、怠け者で何を始めても三日坊主で終わっていた私。 何とかして毎日休まずに継続しようとして、 ストレッチを実行した日々の実績表を作ってみた。 どんなストレッチをするかは? ユーチューブで探して、自分に適した内容や…
コメント:0

続きを読むread more

外国人が選んだランキング

在日外国人が選んだ、 『母国へ持って帰りたい日本の食・食文化】 コレが面白い! 以下にそのランキングを 1位:居酒屋 2位:回転ずし 3位:弁当 4位:鶏の唐揚げ(脂っぽくないので) 5位:焼き鳥 6位:鍋料理(一つの鍋にメンバーで箸を突っ込むのはダメ!) 7位:霜降り和牛 8位:デパ地下(種類が多くお手軽、外国のデ…
コメント:0

続きを読むread more

デジタルで甦る幕末・維新の風景

TVプログラム、放送大学での番組の一つに 【デジタルで甦る幕末・維新の風景】というのがあった。 歴史好きの私には非常に興味深い内容であった。 写真技術の創成期に使われていたガラス原板が発見されて以後、 それまで歴史研究における史料は紙に記録されたものが主であったのは 然りであるが、これらガラス原板を最新のデジタル技術を駆使して…
コメント:0

続きを読むread more

かしめる?

『かしめる』というコトバを聞いたことはあるが、具体的にどういうことか知らないので調べてみたら、説明が沢山あって参考になった。金属の板と板を繋ぎわせる工法をカシメと言います。塑性変形を利用する工法で,金属の板のみを使用する方法やリベットを使用する方法があり、ねじ絞めや溶接とは区別される接合方法です。溶接に適さない金属の組合せや,溶接すると…
コメント:0

続きを読むread more

ネジ

新聞のコラムに【ネジ】について書かれていた。 小さなネジが小型自動車には3000点、 大型ジェット機には なんと!300万点の ネジが使われているそうだ。 曰く、 『通常、ネジは締まっていなければならない。しかし、 外せないように結合してしまうと、保守や点検といった メンテナンスや修理ができなくなってしまう。』 つまり、…
コメント:0

続きを読むread more

夏の甲子園 中止に賛成。

夏の高校野球が中止になったそうだが、 若干残念な気もするが、『コレでイイノダ』と思う。 甲子園を目指してきた高校生には気の毒だけど、 予てから、【いつかこうした方が良い。】と考えてきた。 高校総体も中止にしたのだから、甲子園大会だけ特別扱いするのは辞めるべきだと思う。 近年人気の冬のサッカーも同様に。 殊に、高校野球の場合、…
コメント:1

続きを読むread more

【ラストダンスは私に 岩谷時子物語】 村岡恵理 著

こういう内容の一代記はすぐに読める。 1916年(大正5年)ソウル 生まれ、2013年(平成25年)逝去、97歳 西宮市で成長し、神戸女学院卒、宝塚歌劇の文芸出版部に就職。 越路吹雪が亡くなるまで終生マネージャーを務める一方、作詞家として自立。 渡辺プロや加山雄三と組んで数多くのヒット曲を生み出した。
コメント:0

続きを読むread more

身を立て、名をあげ

近年は卒業式で歌われなくなった、【仰げば尊し】 学び舎を巣立つにあたって、卒業生が恩師に感謝し、 学校生活を振り返るというこの歌が歌われなくなったのに 寂しさを感じる一人ですが、 その歌詞の一説に 『身を立て名をあげ』とあるが、それは儒学の経典 【孝経】の冒頭にある下記の文に基づいている。 『身を立て道を行ない、名を後世に…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19を黒船に

幕末に来たペリーの黒船来航以来、 外圧がかからないと変わらなかったニッポン。 政治体制をはじめ、経済、社会、文化などの実例は多かったし、 なかでも、1945年の敗戦は最たるものであった。 新型コロナウイルスの感染拡大を止め、一日も早く終息させるのが 現下最大の目的なのは言うまでもなく、一人一人が自制して 感染収束に協力しなけ…
コメント:0

続きを読むread more

スペイン風邪

1918年3月 アメリカの陸軍基地から始まった、と言われている。 米国内に拡がった。これが第1波。 時は第1次世界大戦のさなか、 アメリカから多くの兵隊がヨーロッパへ参戦したのだが、 これが、『ウイルスの運び屋』となってしまった。 大人数が集まる塹壕、兵舎、輸送船などはウイルス培養には 格好の場所になってしまった。 西部戦…
コメント:2

続きを読むread more

【死を生きた人々】 小堀鷗一郎 みすず書房

副題として、『訪問診療医と355人の患者』と付けられているように 著者は医師であり、355人の患者の死を看取って来た実体験に基づいて 書かれている。 テーマは在宅医療であるが、実例は実に様々であり、 亡くなる本人、取り巻く家族、病院・医師・看護師・ケアマネージャーなど、 更には法律・行政・介護保険・社会習慣が絡んで同じ事例…
コメント:0

続きを読むread more

放送大学

初めてNHKの放送大学のチャンネルを見た。 様々な講座は4月から開講したばかりなので、 何か面白いものはないか?と番組表を探していたら 月曜日の講座には次のような講座があった。 情報学、プログラミング、ソフトウェア、セキュリティ、 データベース、インターネットなど。 他の曜日にもそれぞれ多様な科目が設定されているのだが、 …
コメント:0

続きを読むread more

【実録 満鉄調査部】 草柳大蔵 / 朝日新聞社

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、 地域の図書館も閉鎖になってしまったので、 予約していた本も借り出せなくなってしまった。 私の本棚にある本を眺めつつ、『どれを読もうかな』と 見まわして選んだ一冊。 昭和54年の刊行だった。 さすがに草柳氏が調査して書かれただけあって、充実した内容には敬服するほかなし。 明治39年…
コメント:0

続きを読むread more

新しい福祉『第4の縁』とは?

従来型の社会保障では給付(カネ、モノ、サービス)が主ですが、地域共生社会(コレも判りにくい概念)を目指して、住民同士の緩やかなつながりで、幅広い支援ネットワークを形成していこうとする狙いがある。地縁、血縁、仕事縁に次ぐもので町内会を否定するものでもなく、町内会を縦軸とすれば『第4の縁』は横軸と考えれば良い。という話。実例は福岡県久留米市…
コメント:0

続きを読むread more

【夜郎自大】とは

自分の力量を知らずに、いばっている者のたとえ。漢帝国の大きさを知らない夜郎国の王は、自国に漢の使いが来たとき、自国のみが大国だと思い込んで、「わが国と漢とではどちらが大きいのか」と尋ねたという故事から。自分の力量を過信して尊大に振る舞うこと。世間知らず。「井の中の蛙かわず」「お山の大将」と同意。こんな奴は世間にゴマンといるなあ。
コメント:0

続きを読むread more

うれしいひな祭り

今日は三月三日〈雛まつり〉ですね。童謡『うれしいひな祭り』(題名をよく間違えるのでクイズにも出る。)作詞はサトー・ハチローですが、教養があり、言葉一つひとつをよく選んでいて、さらに子供への優しさに溢れているようで一番好きな童謡です。特に三番が好き。『金の屏風に映る灯を かすかに揺する春の風 少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣』http…
コメント:0

続きを読むread more

【独ソ戦】 大木毅 岩波新書

ソ連邦崩壊後、多くの歴史資料が公開されて これまで覆い隠されて来た都合の悪い史料が明らかになっている。 ドイツとの戦争史料も明確になって研究が進んでいるとのことだ。 軍事用語が多くて読みにくいこともあるが、 我々の想像も及ばぬ広範な地域と参加人員数、戦争自体の目的、戦略・作戦、 二人の独裁者:ヒトラーとスターリンの思惑など未知…
コメント:2

続きを読むread more

【殺しの柳川】 竹中明洋 / 小学館

恐ろしいタイトルの本だが、怖いもの見たさもあるのだろう。 図書館での貸し出し予約は数十人いた。 大阪に柳川組というヤクザ組織があったけれど解散した。 その後の柳川自身の後半生を取材している書かれている。 韓国政権との関係、闇社会での揉め事の調停など様々な活動が、、、。
コメント:0

続きを読むread more